mssumasumのブログ

ソロギターのアレンジをしてYouTubeにアップしています





タグ:SKE48

SKE48 21stシングル「意外にマンゴー」のコード譜です。


capo:4

Intro.
|A |A |F#m |E |
|A |A |F#m |E |

|D |E |C# |F#m |D |Esus4 E |

A
|A |A |F#m |F#m |
|D |D |F |E |
|A |A |F#m |F#m |
|D |D |F |E |

B
|F |G |Em |Am |
|FM7 |D/F# |G |Esus4 |

C
|D |E |C#m |F#m |
|Bm |C#m |F#m |Esus4 E |
|D |E |C# |F#m |
|D |D |D |F#m |D |E |
|F |G |A Asus4 |A |

g-solo
|D |D |A |A |
|F#m |F#m |Esus4 |E |

B-2
|F |G |Em |Am |
|FM7 |D/F# |G |E7 C7 |

C-2
|Eb |F |Dm |Gm |
|Cm |Dm |Gm |Fsus4 F |
|Eb |F |D |Gm |
|Eb |Eb |Eb |Gm |Eb |F |

Ending
|F# |G# |Bb Bbsus4 |Bb |Bb Bbsus4 |Bb |

Esus4
1-0
2-0
3-2
4-2
5-2
6-0

FM7
1-0
2-1
3-2
4-3
5-(0)
6-(1)

D/F#
1-2
2-3
3-2
4-0
5-0
6-2

Asus4
1-0
2-3
3-2
4-2
5-0
6-x

Fsus4
1-1
2-1
3-3
4-3
5-3
6-1

Eb
1-3
2-4
3-3
4-5
5-6
6-x

Bbsus4
1-1
2-4
3-3
4-3
5-1
6-x

サウンドハウス

SKE48 12枚目シングル「美しい稲妻」のカップリング曲
「夕立の前」をソロアレンジしてYouTubeにアップしました。


【公式MV】

マイナーすぎるのか、参考になる動画がありませんでした。


【楽曲について】(出典:Wikipedia)

カップリング曲はSKE48のシングルでは最も多い7曲が収録されている。各タイプに2013年4月13日に発表された新編成チームの曲が収録されていて、TYPE-AはチームSの「JYURI-JYURI BABY」、TYPE-BはチームKIIの「2人だけのパレード」、TYPE-CはチームEの「シャララなカレンダー」、劇場盤は研究生の「夕立の前」となっている。また、2作品ぶりとなった「セレクション8」はこれまでと異なり『週刊プレイボーイ』のグラビア企画"出口陽セレクション8"のメンバーが「スルー・ザ・ナイト」を歌っている。さらに、ボートピア名古屋とのタイアップ企画で編成された「ボートピア選抜」が歌う「青春の水しぶき」、日本テレビのSKE48冠番組『SKE48のマジカル・ラジオ3』内のバンド「マジカルバンド」が歌う「バンドをやろうよ」も、それぞれ収録されている。


【デモ演奏】





【ダウンロード販売】

予定はありません。


【アレンジについて】

スタンダードチューニングのカポ2です。
10月7日にアレンジを完成させてますので
3か月近く練習を重ねた計算になりますね。
ハイポジまで使ってのハンマリングとプリングオフ。
難易度は高いです。


【録音データ】

使用ギター:Martin D-18
仕様マイク:audio-technica AT2035 *Low cut
ミキサー :ALLEN&HEATH ZED10FX *HPF off
録音録画 :Zoom Q4n *96khz/24bit
Mastering :Zoom HandyShare *room/maximize/full scale


サウンドハウス

SKE48「オキドキ」のソロギター用TAB譜です。


【公式MV】




【楽曲について】(出典:Wikipedia)

「オキドキ」は、女性アイドルグループ・SKE48の楽曲で、2011年11月9日にavex traxから発売された7枚目のシングル。楽曲のセンターポジションは松井珠理奈が務めた。


【デモ演奏】





【ダウンロード販売】

DLmarketで購入


【アレンジについて】

スタンダードチューニングのカポ5です。

2016年10月28日にアレンジを完成させているので
およそ10か月の練習を重ねてようやく公開となりました。

難易度は中級以上。
初級の方には難しいかと思います。

この曲の一番難しかったところはAメロのベースライン。
主旋律とベースラインが別々に動き回るので
運指を覚えるまでに随分と時間がかかりました。
でも、じつはオリジナルのベースラインより
かなり音数を減らして弾きやすく手直してあるのです。

あと難しいのがイントロの旋律です。
しっかりと押さえることができずに
浮いた感じで押弦せざるを得ない部分があります。
今回の録音でも押さえが甘くなってる箇所があるのですが
まさにそこが押弦の厳しい部分になります。

【録音データ】

使用ギター:Martin D-18 CUSTOM
仕様マイク:audio-technica AT2035 *Low cut
ミキサー :ALLEN&HEATH ZED10FX *HPF off
録音録画 :OLYMPUS LS-20M *96khz/24bit
Mastering :Zoom HandyShare *room/maximize/full scale


サウンドハウス

↑このページのトップヘ