mssumasumのブログ

ソロギターのアレンジをしてYouTubeにアップしています





2015年06月

SKE48 18th Single「前のめり」のコード譜です。

松井玲奈さんのラストシングル。
そして彼女にとって表題曲の初の単独センターになります。

とても洒落たコード進行になっています。
ギターで再現するのは難しいので、
鍵盤で弾いたほうが良い曲だと思います。



コードですが、
ベース音指定は全て無視しても弾けます。
ただ、あった方が原曲に近い響きになります。
それからサビの最後4小節は自信ありません。
どなたか、分かる方ご指摘お待ちしております。

いつも書いてることですが、いわゆる耳コピですので、
作曲者の意図するコードと違う部分もあると思います。
その点はご理解のうえご利用下さい。


Capo:4

Intro.
|C |Bm7 |Am7 |G |
|C |Bm7 |Am7 Em7/G |D |

A
|C +|D |B7 +|Em |
|C6 +|D6 |Esus4 +|E |

B
|E |B/Eb |C#m7 |A/C |
|E/B |F#/Bb |A |B/F# B7 |
|E |B/Eb |C#m7 |A/C |
|E/B |F#/Bb |A B7 +|E |

C
|G#m +|C#m |G#m +|C#m |
|A/F# |E/G# |F#/Bb |F#/Bb |A/B +|B |

D
|C +|D |B7 +|Em |
|C +|D |B7/Eb +|Em |
|C +|D |B7 +|Em |
|C6 +|D6 |Esus4 +|E |

A repeat

B repeat

C repeat

D repeat

E
|CM7 D +|CM7 |CM7 D +|CM7 |
|Em D +|Em CM7 |Em D +|Em |
|C |C |Am |Am |
|D |C |B |B |

F
|C |D |B7 |Em |
|C |D |B7/Eb +|Em |
|C +|D |B7 +|Em |C6 +|D6 |

|C +|D |B7 +|Em |
|C +|D |B7/Eb +|Em |
|C +|D |B7 +|Em |C6 +|D6 |
|Esus4 +|E |C6 +|D6 |

Ending
|C +|D |B7 +|Em |
|C6 +|D6 |Esus4 +|E |


シンコペーションは +


サウンドハウス

★ YouTube チャンネル登録者数

6月15日にYouTubeのチャンネル登録者数が1000名を超えました!
はじめて登録してもらってから、ほぼ2年での到達です。
みなさん視聴していただき、本当にありがとうございます!

この数字の増えることが、
どれだけ創作意欲の糧になっていることか(T-T)
本当に感謝感謝、感謝です。
これからも、今以上にクオリティを上げて、
ご覧頂いても恥ずかしくないモノを作り上げたいと思っています。
どうぞ、よろしくお願いします。






●「花火は終わらない」をYouTubeにアップ

SKE48 6th Single「パレオはエメラルド」Type-C のカップリング曲、
「花火は終わらない」をソロアレンジしてYouTubeにアップしました。
SKE48の夏ライブでの定番曲。個人的にも大好きな楽曲です。

作曲は「フライングゲット」のすみだしんやさん。
編曲は「会いたかった」の田口智則・稲留春雄さん。

アイドルが歌っているので、歌唱的には今一ですけど、
夏の終わりを感じさせるとても素敵な楽曲です。
ぜひ、一度は聴いて欲しいです。


【オリジナル音源】SKE48 矢神久美 卒業OPV『花火は終わらない』




花火は終わらない / SKE48 ソロギター




【収録方法】

AT2035(コンデンサーマイク Low cut)

ZED10FX(ミキサー HPF ON)

LS20M(録画・録音 96khz/24bit)

HandyShare(ジャズクラブ・マキシマイズ・フルスケール)


サウンドハウス

はじめて読む方もいらっしゃるかと思いますので、
今回の話の経緯を記しておきます。

今年3月、南澤大介さんが著したアレンジ入門書について、
わたしは感じたまま記事にしました。

「南澤大介のソロ・ギター・アレンジ入門」を読んで

その記事を読んだ南澤さんが直接コメントをくださいました。
その中に、

「こちらのブログ記事や、コメント欄で書いていただいたご指摘を参考に、私(南澤氏)のブログか何かを使って、何らかの方法で補追・解説していければと考えております。もしご指摘、ご要望などありましたら、ぜひお聞かせ下さいませ。」

とありました。
その言葉を受け、僭越ながら、私がアレンジをする上で興味のある事をお返事しました。

で、今回、ようやく南澤さんに執筆するお時間が出来たのでしょう。
ブログへ記事として入門書への追補版を執筆する連絡をいただきました。

ただ、、南澤さんのコメントが古い記事へのコメントだったため、
せっかくの呼びかけが埋没しかねない状況でした。

なので南澤さんに再掲の許可をいただいた上でブログ記事にしました。
ぜひ、ご覧いただき、コメントをいただけたらと思います。

南澤さんのブログはこちらです。
ソロ・ギターのしらべ




「アレンジ入門・補追」
こんにちは、南澤です。

だいぶ時間が経ってしまいましたが、具体例を挙げての「アレンジ入門・補追」記事を、ブログに掲載していく予定です(現在執筆中)。
そこで、以前こちらのブログのコメント欄でお寄せいただいた、

1) 弾き語りよりも一つ階段を上るために必要な音楽理論
2) ソロアレンジをするのに必要な譜面の読み書き
3) 原曲から採譜するための実践的な手法
4) 南澤(さん)の採譜の実践、使用機材、初稿から細部を詰めて完成するまでの過程
5) 実践例

のほか、何か具体的なご質問などはありますでしょうか?
(たとえば「P118(筆者のアレンジ手順)こそ一番読みたかった記事」とのことでしたが、P118をもっと詳しく…という感じでしょうか?)
もしお時間有りましたら、ご質問下さいませ。

場所をお借りする形になってしまい恐縮ですが、mssumasumさん以外の方からのご意見、ご質問も歓迎です。


『ソロ・ギター・アレンジ入門』に関しては、コメントでhiro kuriさんの書いて下さった、

> 簡単にできるところからアレンジを始めてみませんか?
> という、”お誘い”みたいだと思いました。

というのが、私(と出版社さん)の制作意図に一番近い気がします。

> 本気でアレンジしたいと思っている人は勝手にやるでしょうから。

のとおり、既にアレンジをされている方は、その過程で既に経験が蓄積されていると思っていたのと、そういった中級者?上級者の方々の疑問は多岐にわたることが多いため、アレンジ初心者に対象を絞った…というところがあります。
もちろん、私がどうやっているか…に興味がある、というのも、解りますが(ただそれは個人の指向が強く出る気がしたので、本ではP118の記述にとどめたのでした)。

(引用先: http://mssumasum.blog.jp/blog-entry-109.html#comments





サウンドハウス

↑このページのトップヘ