mssumasumのブログ

ソロギターのアレンジをしてYouTubeにアップしています





2014年08月

今までソロギターをアレンジするために採譜してきた楽曲の中で
他サイトではあまり掲載されない楽曲のコード譜を公開していこうと思います。

あらかじめお断りしておきますけど、いわゆる耳コピですから、
必ずしも作曲者の意図するコードと同一とは限りませんので、
その点はご了承くださいませ。

さて、今回は、SKE48「ラムネの飲み方」です。

「ラムネの飲み方」のソロギター動画

オリジナル曲はSKE48 team KII3rd Stage「ラムネの飲み方」の表題曲。
ラッキーなことに、現在 team KII5th として劇場公演で聴くことができます!

弾き語りで弾くのにぴったりの曲。
弱めのストロークでしっとりと歌い上げてください。
サビの F#m からのコードですけど、4弦をクリシェで弾きます。
分数コードは無視しても構いません。

capo:3

Intro
|G Bm/F# |D Em |C/E |Am7/F# D7/F# |G |G |

A
|G Bm7/F# |Em7 Em7/D |C C/B |C D7 |
|G Bm7/F# |Em7 Em7/D |C D7 |Em |

B
|Bm |C |Em D/F# |G |
|Bm |Em |C |D Dsus4 |D |

C
|A C#m7/G# |F#m E |D F#m/C# |Bm7 E |
|A C#m7/G# |F#m E |D F#m/C# |Bm7 G#m C#7 |
|F#m F#mM7/F |F#m7/E F#m/Eb |D E |

D
|A C#m |Bm7 A|C |D7 |

A repeat

B repeat

C repeat

E
|FM7 |Em7 |FM7 |Em7 |
|FM7 |Em7 |Dm7 |Esus4 E C#m D|E |

C repeat

Ending
|A |F#m |D Dm7b5 A Cm7b5 |D E |A |


サウンドハウス

SKE48「遠くにいても」をソロアレンジしてYouTubeにアップしました。



「遠くにいても」の演奏動画はこちら



【楽曲について】

いまちょうどチームEが行っている「手をつなぎながら」公演。
その最後を飾るのが、この「遠くにいても」です。
オリジナル公演は、チームSの2nd「手をつなぎながら」公演。

SKEの卒業ソングとして有名な楽曲なのですが、
特に最近、印象的に使われたのは、SSAでの単独コンサートでしょうか?
AKBへ完全移籍が決まっていたゆりあに送る、サプライズソングとして歌われました。
歌詞もメロディも涙腺を崩壊させるのに十分な破壊力を持っています。


【作業現場】

この曲は、いつかはやろう、いつかはやるぞと思ってまして、選曲ではいつもリストに名がありました。
先月までの新曲ラッシュがひとまず落ち着いて、
今月に入ってようやく手を付けることが出来たのですが、練習期間中に爪を破損してしまったので、
伸びるのを待ちながら、それとなく練習を重ねてきました。
録音したのを聴いてみると、不器用太陽と比べて、爪が短い分、音のハリが悪い感じがします。
今、1ミリ半ほど爪が伸びているのですけど、なぜかすでに薬指の爪が欠けているのです(>_<)

ゆったりした曲調なので、装飾音を丁寧に入れて、
ハモリの箇所も弾きやすさより響きを重視してアレンジしています。
本来はピアノが主体の楽曲ですから、ギターで複雑な響きまでは再現が難しいのですが、
聴こえる音で、印象に残る音は拾うように心がけました。
一音一音がハッキリ聴こえたほうが良いのか、
全体がまとまって聴こえたほうが良いのか、最後まで悩みましたが、
不器用太陽で評判が良かった一音ずづ聴こえるコリングスでの演奏を選択しました。


【演奏の解説】

難易度は初級。
とくかく丁寧に弾くこと、これに尽きます。
メロディを歌い上げるように弾くことが大切で、多少、リズムが乱れても、メロ重視で弾けば形になります。
音の厚みがそれほどありませんから、ベース音は切れないように注意してください。


サウンドハウス

SKE48の9thシングル「アイシテラブル!」をソロアレンジしてYouTubeにアップしました。



「アイシテラブル!」の演奏動画はこちら



【楽曲について】

汗の量と我武者羅さが特徴であるSKEの真骨頂といった感じのサマーチューンです。
個人的に、楽曲の出来栄えは、最高ではありませんけど、ダンスを含めてSKEらしくて大好きな曲です。
とにかくストレートな楽曲で、AKBG得意の転調、大げさな鷹揚もなく、ただひたすらに駆け抜ける爽快感が最高に良い。
不器用太陽の様な変化球も、たまにはあっても良いのでしょうけど、昨年の稲妻といい、2年連続でらしくない楽曲に、私はちょっと消化不良をおこしています。
来年こそは、ごめサマとかポニーテールとシュシュのような、夏曲を期待したいです。


【作業現場】

実は美しい稲妻をアレンジした直後、この楽曲も手を付けていまして、一度は完成していました。
でも、オリジナルをお聞きの通り、エレキのリフが鮮明に聴こえるばかりで、メロディアスな楽曲でもありません。
なのでアコギでアレンジしても、なんだかつまらない出来だったので、公表しなかったのです。
今年に入った辺りから、ピックで弾くことを思いついて、それとなく練習を重ねてきたのですが、
つい先日、爪を短く切ってしまい指弾きが出来なくなってしまいましたので、このアレンジに集中して、今回のアップになりました。

いかがでしょうか?
何せ、はじめての試みだったので、とても評判が気になります…。
一部、Cコードに入るところでミスピッキングをしてますけど、それ以外は上手く弾けたと思いますけど…。
特にフラットピックに慣れているエレキのプレイヤーさんに、どう思われるのか気になるちゃん(^o^;)


【演奏の解説】

今回はピッキングを安定させるために、小指を立ててバランスをとって弾きました。
正直、フラットピックはそれほど得意ではありませんので、解説するところはございません。
みなさん、お気に召されましたら、ぜひ挑戦してください。


サウンドハウス

↑このページのトップヘ